腸活:毎朝のヨーグルトをケフィアへ変更した理由

腸活

2015年、体内に有害な重金属が驚くほど溜まっていた事実を知ってから、カラダの内側からキレイにする「デトックス」が大きなテーマになりました。

カラダの排出経路は、便、尿、汗・・・とありますが。一番のメインストリートが便 全体の75%が便から外に出る そう。とにかく「良質な便をだす!」を目的に腸活ライフを実践しています。

関連記事:

ちょうど当時、多数のお友達から「飲むヨーグルトR-1を毎日飲んでいたら、風邪にかかりにくいし、インフルエンザにもなってない」と立て続けに聞き、それからワタシもR-1ヨーグルトを飲みはじめました。

R-1も毎日飲むとなると、結構コストがかかります。
そこで、2016年1月に自宅でヨーグルトを作るべく、ヨーグルトメーカーを購入。自分で作るからこそ、効果抜群のヨーグルトが食べたい!!そんな思いで、 最強のヨーグルト探し がスタートしたのでしたー!

なぜ腸活に乳酸菌が必要なの?

コンピューターや遺伝子研究の発達を受け、ここ数年、加速度的に進んでいる腸内細菌研究。
腸内には、3万種、1000兆個の細菌が住んでいるとのこと。だからね、実は「便」の構成を見ると、

60%は水分、20%は腸内細菌と死骸、15%が腸粘膜細胞の死骸

つまり、便の3分の1以上が腸内細菌でできているんですね。「便」って、ただ単に「食べた物のカス」ってイメージが強かったので、この内訳を知った時は大きな大きな驚きでした。

この腸内細菌の働きは、

病原菌を退治し、免疫力アップ
美肌や元気に欠かせない多くのビタミンを合成
幸せホルモン「セロトニン」の生成に関与
こんな素晴らしい機能があることがわかってきています。

腸は第二の脳とも言われ、「腸神経系」という独自のシステムが備わっており、脳の働きにも影響を与えます。また、腸には全身の免疫細胞の60〜80%が集中しています。なので、腸の状態が悪くなると、病気になったりアレルギー症状が出たりするそうです。

この腸内細菌の集団は、腸内細菌叢(さいきんそう・腸内フローラとも呼ばれています)と言い、各人の腸内細菌は組成も状態もバラバラなんです。藤田先生は人のウン○を診れば、DNA鑑定のようにその人を特定できると言ってました(笑)

面白いことに、この腸内細菌叢の「組成」は誕生後1年で決まってしまいます。ですが、腸内細菌叢の「状態」は今の生活によって変わってくる。なので、腸内環境が悪ければ治すことができるし、反対に今は良くても乱れた生活をすれば悪くなってしまうとも言えます。

毎日の積み重ねが大切ってことですね。

いつだって腸内環境を良くしていたい!

腸内細菌の中で、有益な働きをする善玉菌。その筆頭が<乳酸菌>!乳酸菌が、腸内に取り込まれた炭水化物を発酵、乳酸や酢酸を作り出し、また同時にビタミンB群なども作り出します。反対に悪玉菌は何をしているかというと、たんぱく質を腐敗させ、ニトロソアミンや二次胆汁酸など発がん物質や毒性物質を作り出す・・・

日々の生活で、乳酸菌をたくさん取り込めば取り込むほど、善玉菌がどんどん増え、悪玉菌が減る!

その乳酸菌がたっぷり含まれているのがヨールグルトです。
特にヨーグルトは乳酸菌によって発酵されているので、たんぱく質や脂質、糖質などもあらかじめ分解されているので腸に負担をかけることなく吸収されやすいんですよ。

乳酸菌は種類によって効果も違う!

 

乳酸菌と一言で言っても、実はたくさんの種類があります。
最近では、市販のヨーグルトの容器ラベルをよーく見ると、結構ちゃんとしっかり記載されているのを発見します。

L-92株、LKM512株、ラブレ菌、LGG菌・・・

これ、全部、乳酸菌の種類の名前。名前だけじゃなくって、こんな効果あるよー!ってラベル横に書いてくれれば良いのに!でも、薬事法によって容器に「○○の効果!」って書けないようです。ほんと、残念でなりません。

菌が違えば、効果も違うとは予想がつくものの、素人は全くわかりませんからねー。そんな時に出会ったのがドクターが書いた「あなたの知らない乳酸菌力」という本。この本には各菌の効果もしっかり書かれているので、それを参考にヨーグルト選びを楽しみました^^。

というのも。

人によって腸内細菌の組成が違う分けですから。自分に合うヨーグルトも異なるってこと。2週間ほど食べてなんとなく効果が感じられればそれはあっているということになるそうです。

また、時々違う乳酸菌を投入するのも、腸の活性化に繋がるそう。なので、メインのヨーグルトは決めおき、ときどき違うヨーグルトも食べるようにしています。

自家製ヨーグルト作りに「ヨーグルティア」を導入!

効果が出やすいヨーグルトの摂取量は1日あたり150g〜200g。

お茶碗一杯分くらい。夜食べるのが一番効果が良いそうです。

が。ワイン好きな我が家は、晩御飯の〆にヨーグルトは食べれず・・・
毎朝、モリモリとお茶碗1杯分くらいのヨーグルトを食べています。

もともとヨーグルトは好きではありましたが、ほぼ毎朝食べるとなると、ぐ〜んとその消費量が増えました。
で、毎日毎日家族で食べると、結構な量とコストがかかります。そこで、自家製のヨーグルト作りに切り替えることにしました!

ヨーグルトメーカーはいろいろところから発売されています。ですが、大きなスタイルの違いは2つ

牛乳パックをそのまま使うタイプ 牛乳パックから牛乳を移し替えて作るタイプ
<メリット>
手間がかからない
容器の殺菌が不必要
値段が非常に安い
<メリット>
均一な温度なので、まんべんなく発酵される
設定温度が選べ、ヨーグルト以外にも甘酒や塩麹など作れる
<デメリット>
上層部と下層部で温度差がある
発酵にムラができやすい
 <デメリット>
作る前に容器の殺菌が必須
パック利用よりも手間がかかる

牛乳パックをそのまま利用して作るタイプの機器は、ほとんどが2000円台。お安い!
でも、せっかくなので納豆とか、甘酒とか、塩麹とか・・・いろいろと発酵食品を作ってみたい!

そう思い、タニカのヨーグルティアにしました。

2016年1月に1台目購入。当初は一台で十分でした。
それは、一般のヨーグルトの発酵時間は6〜8時間程度。寝ている間に出来上がってしまうからです。なので、日中は他のものの発酵に利用してました。

2017年にケフィアに出会います。 ケフィアの発酵時間は24時間 。はい、まるっと1日かかるのです。ほぼ1台はケフィアにかかりっきり(笑)。そのほかの発酵食品も作りたいので、2台目を購入することにしました。

ヨーグルティアは2016年夏に新機種が発売されてました。その新機種は、旧機種のデメリットを見事改善してくれてましたよー!

<旧商品との違いは4つ>

・温度&タイマーの表示画面が大きくなったこと

・終了後ブザーがなること

・温度の立ち上がりが早くなったこと

・設定温度が25〜65℃から25〜70℃になったこと

おまけに。ガラス容器のセットも販売されました。(別売りでも購入できます)
これまでプラスチック製の容器で、なんとなく臭い移りが気になっていたんです。

特に自家製納豆を作った時は、食洗機で洗った後でも漂白しないと臭いが残ってましたからね。
ガラスはその点を気にしなくって良いのでね。それにハリオとのコラボ製品で、見た目のおしゃれ度も改善(笑)
ガラスセットの方で、追加購入しました。

2台持ち、快適です♡

ヨーグルトとケフィアの違い

自家製ヨーグルトを作り始めた頃は、スーパーなどで売っている市販のR-1を種菌にしていました。そんな中、ケフィアに出会います。 見た目がヨーグルトと全く一緒のケフィア。でも、大きな違いがありました! 

一般ヨーグルト=乳酸菌のみ発酵
ケフィアヨーグルト=乳酸菌+酵母の共生発酵

一般のヨーグルトは、乳酸菌のみで発酵させます。それもせいぜい二種類程度の乳酸菌(ブルガリア菌、サーモフィラス菌など)。それに対して、ケフィアは複数種の乳酸菌と酵母で複合的に発酵させするのです。つまり、乳酸菌による「乳酸発酵」と、酵母による「アルコール発酵」の複合発酵なのです。

 酵母はビタミンB群、ビタミンD、葉酸といった栄養素を産生 してくれますから、なんとそれも一緒に摂れてしまう!

さらに。

ケフィアは 酵母による発酵なので、乳糖の大部分が乳酸、炭酸ガス、アルコールに分解 されます。なので、乳糖を分解できないいわゆる「乳糖不耐症」の人でも食べやすくなることが大きな違いですね。

*乳糖不耐症は、簡単にいうと牛乳飲むとお腹を壊しやすい人のことです。

生きた酵母が入っているケフィアは<自家製発酵>だけ

ヨーグルトと違いって、酵母が入っているケフィア。

パンの膨張でわかるように、酵母は二酸化炭素のガスをモリモリ排出します。ということは・・・包装容器の蓋に穴を開けないと破裂してしまうのです。食品衛生法でケフィアの定義はなされていますが、実際にケ フィアが製品として日本の店頭に並んでいないのはこのためです。ただし、ヨーロッパでは日本と違って容器にピンホ ールを開けることが許されているので、普通の市場に出回っています。

そんなケフィアですが。最近では、日本のスーパーでも「ケフィア」という名で市販商品が出回っています。ワタシも、もちろん試しに購入してみました。味は同じようですが、容器はしっかりと密閉されてます。

上述したように、本当に酵母が入っていたら、炭酸ガスを出して大変なことになりますからね。そう考えると、市販のケフィアには酵母が入っていない乳酸菌のみのヨーグルトと思った方が良いかもしれません。

っということで、またまたせっせとケフィア作りに励むわけです(笑)

さらにビフィズス菌も入っている一石三鳥の最強のヨーグルト『ロイヤルケフィア』がすごい!!

ケフィアが良いとわかると、これまた、いろいろなメーカーさんのケフィア種菌を試さずにはいられないワタシ(笑)。
数ヶ月に渡って(効果がわかるのは2週間以上と言われているので1ヶ月以上)食べ続けてみました。

その結果、ダンドツに優秀だったのが、「ビフィズス菌」も配合されているロイヤルケフィア・プロ。

ワタシが当時のお試し購入時にはなかった超お得なケフィアヨーグルトお試しセットが980円で発売中!
これ、ケフィアヨーグルト10日分とケフィア発酵キットまでついてるの。総額3,627円分。す、すごいお得だわ〜

実はいろいろなメーカーさんで販売しているケフィア種菌の中で「ビフィズス菌」を配合しているのは、ロイヤルケフィア・プロだけでした!
どんなもので構成されているかというと・・・

ロイヤルケフィア・プロ
乳酸菌 Lb.アシドフィルス
Lb.カゼイ・ラムノーサス
Lc.クレモリス
Lc.ラクチス
Lc.ジアセチラクチス
ビフィズス菌 B.ロングム
酵母 S.ラクチス

乳酸菌の仲間であるも、別格扱いのビフィズス菌。ビフィズス菌は、腸内の善玉菌の99.9%を占める最重要の善玉菌なんですよ。

なので、このロイヤルケフィア・プロだけで、乳酸菌、ビフィズス菌、酵母と3つも取れてしまう、まさに一石三鳥の優れもの!このロイヤルケフィア・プロを知ってからは、これが我が家のメインヨーグルトになりました。

公式サイトはこちら▶︎▶︎▶︎累計販売本数1億本突破!人気のケフィアヨーグルト

ちなみに、作り方は一般的なケフィアの作り方と全く一緒。

1袋=牛乳500cc分
25度で24時間発酵

ケフィアの固まり具合は、ヨーグルト同様に完全に牛乳の脂肪分によって変わってきます。
脂肪分が高ければ高いほど固めに、脂肪分が低いほど柔らかめになります。

ヨーグルトメーカーや種菌の取説に書いてありますが、無脂肪牛乳では固まりませんので、お気をつけてくださいね。

乳酸菌入りサプリも上手に取り入れてます♪

腸内環境の状態は「今の生活」によって変わってきます。なので、ケフィアやヨーグルトも継続して摂取しないと効果が出ません。
ということは、 食べるのをやめると・・・効果切れ になってしまうわけです。

ワタシは旅が好きなので。
旅に出る前に仕事を詰め込みすぎ、数日以上ヨーグルトを食べ忘れ、そのまま飛行機へ。その機内で風邪菌をもらい、旅行初日に風邪を引いて寝込むというパターンを何度か経験しています(苦笑)。

普段はちょっとぐらい無理しても平気なんですけどね。
人体実験を通じて、ケフィアやヨーグルトは継続しないと効果がないということもよくわかりました。(笑)

ヨーグルトを食べれない機会の対策はないかな〜と見つけたのが「乳酸菌革命」というこれまた最強の乳酸菌サプリ。
これもまた必需品なのです。

関連記事:

大人になると、毎日大量摂取するとアレルギー反応が出やすくなると言われています。
適度にサプリに置き換える作戦もありかなー。

我が家はときどきケフィアを作り忘れることもあるので〜
サプリで補いながら乳製品をとる・・・まあ、良いペースなのかもです(笑)

関連記事