デトックス:アマルガム除去と重金属検査、そしてキレーション治療2015

カラダ

30代にオットの両親二人を壮絶な治療の末にガンで亡くし、そしてワタシ自身も婦人科系疾患で二度の手術を経験。美味しいモノも美味しいお酒も大好きだからこそ、「健康」にはかなり気をつけて暮らしていました。

そんな中、自分が有害重金属に汚染されている事実が発覚!
本気のデトックス・ライフが始りました・・・

アマルガムって何?

2015年7月。
美容・健康意識の高い女子の集まりにて、同じ歳の友人が「アマルガム銀歯をとったら、首の痛みが消えた!」という話を聞きました。アマルガムってガムの一種???なんておバカな質問をしそうなほど、「アマルガム」という言葉さえ知らいないワタシ。

アマルガムとは、無機水銀を使った合成金属
このアマルガムが、口の中で少しずつ腐食して水銀が溶け出し、体内に蓄積されていくと言われています。

水銀といえば、水俣病!
水俣病は有機水銀ですが、アマルガムの無機水銀といえど、水銀(重金属)は水銀。
胃腸障害、疲れ、めまい、偏頭痛、しびれ、皮膚炎、不眠症…
まだまだたくさんの症例があげられていて、こういった病気が、アマルガムによって引き起こされている可能性が高いと言われているのです。

アマルガムの銀歯は、1985年くらいまで治療によく使われたそうです。
そんなお話を友人から聞いたとき、はっとしました。
当時、ワタシは小学生。
その頃に虫歯の治療に足繁く歯医者さんに通ったことを思い出したのです。

ワタシは、もう20年以上、左肩がひどい肩凝りです。
肩凝りから、偏頭痛まで引き起こすことも多々あるほど。
そして、当時その話をきいた1週間程度、左手がしびれた状態がずっと続き、辛い状態だったのです。

もしかしたら、アマルガムが関係するかも???

アマルガム銀歯を除去する

そこでアマルガム銀歯を扱う歯医者さんをその友人から紹介してもらい、早速伺いました。
調べてもらうと、

な、なんと3本も見つかったのです!
そのうち2本は左側にありました。

「カラダの左側に病気がよくでない?」

先生に、そう聞かれたときはびっくりしましたね。
左肩の肩凝りが酷いんですよ、本当に。

さらに先生曰く、特に下の歯は、婦人科系の病気にも影響与えるとか…
はい、ワタシは長年婦人科の病気も患っています・・・

すぐに除去することを決意しました。

このアマルガム銀歯。
じつは、見た目はなんの変哲も無い、ふつーの銀歯。
いつもの通り、銀歯をとればいいと思うでしょ?

このアマルガムは、削る際に有毒な水銀ガスが発生するのです。
そうすると、歯科医の先生もその有毒ガスをすべて吸い込んでしまうことに。

なので、アマルガムを除去するときは、歯科医の先生は防御服着て作業するんです。
そして、患者も、有毒ガスを吸い込まないように、削っているときは息しちゃいけないの。
息つぎしながらの除去作業でした。

ワタシが通った歯科医院では、体内蓄積の水銀の解毒のためにビタミン点滴を受けながら、除去してくれましたね。

作業時間は、除去&点滴&仮歯の詰め物でトータルで約1時間半くらい。
 料金は約15000円+詰め物代(仮歯)3000円で、1本あたり約2万円 でした。
ただし、その後の詰め物はまた「銀歯」ってわけにいかず、3本セラミックにしたので約25万円しました。
(2015年8月現在)

アマルガム銀歯、除去後の効果は?

せっかちな性格でして。(笑)
1日に3本全部除去してほしい!って先生に訴えました。
ですが・・・体に負担がかかるからと即却下。(^^;
結局、ほぼ毎週1本ペースで、約1ヶ月かけて3本除去しました。

気になるのは、除去したことよる効果。
先生曰く、効果のでかたは、非常に個人差があるとこのこと。
1本除去したら、すぐに効果が出る人もいるそうです。

けれども、ワタシの場合は、1本除去したくらいでは左腕のしびれはとれず・・・。
3本除去したころには、自然にしびれは失くなっていました。
緩やかに効果がでたのかしら?

体内の有害重金属の蓄積度を調べる検査がある!

治療を通じて気になったことは、 自分のカラダには一体どれくらいの有害重金属が蓄積されている のか。

何十年もアマルガムが体内にあったわけです。
相当、水銀が溜まっているんじゃないかって思いました。

じゃあ、一体、どれくらい体内にあるのか?
会社員時代10年以上リサーチ業務についていたせいか、どうしても「数字」が気になるわけです。

この有害重金属を調べる検査、色々あるんですよね。

結局ね、最終的にほぼ全種類、検査を受けたんですけど(笑)。
デメリットもいれて、まとめてみました。
個人的な意見も含まれているので、ご参考までに♪

毛髪検査
毛髪検査では、根本に近い方部分の髪の毛を切り取り、それを検体として検査機関に送ります。毛髪の検査結果からは、身体に蓄積している水銀の蓄積量は特定できません。あくまでも、「排泄能力」を見極める検査の一つ。

デメリット:毛髪が1cm伸びるのに1ヶ月程度かかるため、検査結果は現時点の状態を表さないこと。だいたい1〜3ヶ月前の体内の状態がわかります。

尿検査
キレーション(キレート)剤点滴をして負荷をかけ、6時間尿を溜め、その一部の検体を検査機関に送ります。これにより、尿中金属の排泄能力および、尿内に排泄される有害ミネラルの量を測定する検査。検査機関の一つで、米国のDoctor’S Data社の基準値は厳しいことで有名。

デメリット:キレート剤で負荷をかけるのですが、腸内環境によって排出能力に大きな差がでてくること。排出能力によって、体内蓄積度を予測しますが、腸内環境が悪い場合は排出できません。そうすると実際にどれだけ蓄積しているか、わからないことに。

オリゴスキャン
手のひらを吸光光度法によりスキャンする事で、組織や血管壁に沈着している有害重金属14元素と必須ミネラル+参考ミネラル20元素を生体を傷つけずに、迅速に測定するシステム。
キレート剤などで負荷をかけずに、まっさらな身体の状態で測定する事ができる最新鋭の検査機器。

デメリット:「オリゴスキャン」の開発元であるルクセンブルクのデータベースに送信。膨大なデータベースに照合するというカタチで結果がでてきます。なので一部のドクターは「占い」のようなものという認識でした。あくまでも参考値として考えるほうが良いみたいです。

重金属検査結果を待ちきれずに、解毒効果あるキレーション点滴をはじめる

3本目のアマルガム銀歯を除去した日、尿検査による重金属検査を受けました。
「尿検査」を選んだ理由は、どうせならば一番基準値が厳しい検査の「標準」になりたいと思ったから。
 検査結果は3〜4週間後に送られてくる とか。

とにかく、せっかちな性格なので(笑)

解毒治療をするかしないか、そのための判断をするために3〜4週間も待てない〜
きっと良くない結果だろうと予測。

先生に相談すると、サプリ治療あるいは点滴の2つが効果的と聞きました。
すぐに結果を出したい!と伝えると、点滴をすすめられたので、「キレーション点滴」を受けることにしました。

キレーション点滴(=デトックス点滴)とは、合成アミノ酸の一種であるキレート剤(EDTA)を点滴し、体内の有害金属を排出する療法。

2時間近く、椅子に座って、点滴を受けるだけ。
ワタシが通っていた医院では全6回(うち1回ビタミン点滴は無料)、1回あたり約30000円(2015年9月現在)でした。

これも1週間に1回のペースで受けました。
すると、最初の3回くらいまでは、翌日カラダがだるくってだるくって・・・。ときに、午前中は寝たきりになったことも。

先生に相談したら、

ビタミン・ミネラル不足

を指摘されました。
キレート剤は有害なミネラルのみならず、必須ミネラルも同時に排出してしまう傾向にあるそう。なので、総合ミネラルのサプリを服用しはじめました。

そうしたら、なんと一気に点滴翌日のカラダは楽になりましたわ!
じつは、ここではじめて「サプリメントの威力」というものを実感したのでしたー。

重金属検査、1回目の結果に愕然・・・

<2015年8月>

何十年も、銀歯という形で口の中にいれて「水銀」と過ごしていたわけです。
水銀は、その分子構造が必須ミネラルの亜鉛と似ているため、必須ミネラルに置き換わるとのこと
さらに置き換わった 水銀はほかの有害重金属を引き寄せる と聞きました。本当に水銀は厄介な有害重金属です。

これはきっとよくない結果になるだろう・・・
そう予測はしていたんです。

案の定・・・
米国から送られてきた重金属検査(尿検査)の結果に、愕然としました。

有害金属の代表格である、カドミウム、鉛、水銀。
それらが、棒グラフから振り切れちゃって見えないくらい数値が高い…

カドミウムは基準値の8倍
鉛は基準値の12倍
そして、水銀は基準値の11倍

重金属汚染されているだろうと思っていたけど…まさか、こんなに酷かったとは。
ただ・・・先生によると、これだけ検査結果で悪い数値がでたけれど、「排出できた」という事実はむしろ良いとのこと。
ワタシの排出能力は悪くないみたい…

結果を待てずにはじめていた解毒治療=キレーション点滴。(笑)
結構良いお値段ですから、とにかくその効果を良くしたい!!

色々調べていくと、この点滴効果を一番あげるためには、腸内環境を良くすること。
 腸がしっかり動いていないと、有害物質を排出できない ということがわかりました。

こうして、有害金属のデトックス戦略としての腸活も始めることにしました。

関連記事:

その場で結果がわかるオリゴスキャン、やってみる

一番、厳しい数値が出るという尿検査。キレーション点滴の1クールが終わったら、尿検査をし、毎回数値の推移を経過観測しようと決めました。

とはいえ、キレーション点滴の通院時間は、往復の4時間!
ちょうど4週経ったころ、どのくらい成果がでているのか、ウズウズしてきました。
だって、これだけがんばっているだもの。
何か目に見えるカタチが欲しいところ。

そんなこともあり、結果がすぐにわかるオリゴスキャン検査(約15000円)を受けてみました。
「オリゴスキャン」は、手のひら4箇所に光を当てるだけ。
わずか2分で、体内に存在する有害ミネラル(有害重金属)の14元素と必須ミネラル+参考ミネラルの20元素の値を測定する最新の機械です。

アルミニウムが突出して高い数値を出しているのにびっくり。

パッと見ると、水銀はそれほど高い数値をマークしていないように見えます。
でも、分子栄養学の先生に聞いたところ、この機械では、どうも 水銀の値が低くなり、アルミニウムの値が高くでやすい特徴がある のだそう。
ま、光で測定しているから、正確さは期待できないのでしょうね。。。

ざっくりと見ると・・・
やっぱり全体的に有害ミネラルが多過ぎるということがよくわかります。
アルミニウムの数値がでやすいと言われても、ちょっと出過ぎ??

この件についても先生に聞いたところ、これは 水銀のデトックスが順調だということ 
水銀によってこれまで体内に押さえ込こまれていたアルミニウムが解放されて、一時的に数値があがっているとのことでした。

こんなこと教えてもらわないと、この結果にショックを受けただけで終わりでしたわ。

次に必須ミネラルと参考ミネラルの結果。

このとき、すでにマルチミネラルのサプリを服用していました。
が!それでもこれだけ不足しているんですね・・・

マグネシウムは、現代の食生活で一番不足しがちなミネラルであり、ほとんどの人が慢性的不足であると聞きましたが、まさにワタシもそうです…

オリゴスキャンの検査で良いところは、ここ!
ミネラルによる解釈。
これはなかなか良いのよ、と先生もおっしゃっていました。

ワタシの場合、有害ミネラルによる毒性は強いものの、ほかのバランスは良いみたいです。
酵素の状態89%はなかなか良い数値がでてますねー。
腸環境もなかなかでした。便秘もお腹を壊すこともほとんどないので・・・

結果を出したい!(目標は、水銀値で半分の値にすること)

そんな目標をもって始めたのですが・・・ネットで調べれば調べるほど、半年以上キレーション点滴を受けてもそれほど数値が下がらないというコメントをいくつか読みました。

 点滴だけでデトックスすれば上手くいく・・・なんて世の中甘くない わけですよ(苦笑)

 有害金属の排出に大きく関係してくる器官は<肝臓> 
その肝臓の解毒機能を高めれば、有害ミネラルの排出は早まる!

そこで、肝臓を元気にするサプリを探し始めしまた。

が、

 サプリは腸で吸収 される。

サプリの効果を最大限発揮させるためには、腸が元気であることが大前提なのですね。
ということで、とにもかくにもまずは<腸活>なのね・・・
その重要性を再認識したのでしたー

キレーション点滴後の重金属検査。2回目の結果は・・・


<2015年10月>

自分の中の有害金属の数値も知らずにスタートしたキレーション点滴。
1週間に1回のペースで6回、ちょうど1クールが終了したときに、2回目の重金属検査を受けました。
解毒効果が高いというキレーション点滴です・・・その効果が楽しみ!

で、その結果は・・・

水銀:46 → 32
鉛:25 → 18
カドミウム:8.3 → 7.0

正直、もっと減ってるかと思いましたが・・・・
 数値はまだまだ危険領域 に大きく振れています。

まあ、でも、確実に減少はしているんですけどね。

で、気になるのは、アルミニウム。

アルミニウム 140→180

かなり大幅に上がりましたね。
これは、事前にアルミニウムの数値はあがるよって先生に言われていました。
オリゴスキャンの結果でもそうでしたが、アルミニウム、こんなに溜まってたんですね。。。
確かに一時期、アルミニウムのフライパン使ってたな。

この兆候は、水銀のデトックスは順調ということ。

引き続き、デトックスを頑張っていくことにしました。
さらにもう1クール、キレーション点滴をすることにしました。

毛髪検査、やってみる


<2015年11月>

実は、母の有害金属の毛髪検査におつきあいして、自分もちゃっかり検査してみましたー。

やっぱり水銀の値は高い・・・
3種類の検査をして、どの検査においても高い数値を記録しているので、 間違いなくカラダに水銀がたくさん蓄積している ことがわかります。

そして、これまでノーチェックだったベリリウム。ベリリウムは、皮膚障害、呼吸障害など引き起こす有害金属。
オリゴスキャンの検査では標準値でしたら、こちらでは結構な値がでましたね。
誤差とか言えるレベルなのかなー。

ちなみに。毛髪検査では、検査の1〜3ヶ月前の現状がわかります。
<今>の状態じゃないし、一体いつの時点かもわからない。
この数ヶ月はずっと解毒治療中なので、あくまでも有毒金属の蓄積傾向を知る参考と考えます。

キレーション点滴2クール終了後の重金属検査3回目の結果


<2015年12月>

さらなる期待を込めて受けたキレーション点滴2クール目。その終了後に、いよいよ3回目の重金属検査を行いました。
その結果は・・・

水銀:32 → 21
アルミニウム:180 → 140


水銀は順調に 46 → 32 → 21 と下がってきてます。 
アルミニウムも 140 → 180 → 140 と下がってきました。といっても、1回目の数値と同じになっているだけですが。

そして、他の数値がいよいよ上がってきました。

鉛:25 → 18 → 22
カドミウム:8.3 → 7.0 → 7.3
ヒ素:290 → 230 → 310

デトックスを指導してくれる先生からすでに聞いていたことは・・・

有害金属の中で、諸悪の根源と言われるのが「水銀」。理由は、 水銀は他の有害金属の体外への排出を抑制する働き があるそう。

だから、体内の水銀が減ってくると、一時的に他の有害金属の数値が上がると言われました。
聞いているときは、ほんと??なんて半信半疑だったのですが、ちゃんと結果には、はっきりとその事実が現れてくるものです。

なんだか、数値だけみると全然順調には思えないのですが、ワタシのカラダの中でのデトックスはすこぶる順調のもよう(笑)

水銀についで、個人的に気になっているのがカドミニウム。
 カドミニウムは、ホルモンに影響与えたり、婦人科系疾患を引き起こす原因になったりする有害な物質 。ワタシは長年、婦人科系の疾患を患ってきたので、これが下がれば(なくなれば)、かなり症状が改善されるのでは?なんて期待しています。

何年?何十年??かけて溜まってきた有害金属をたった数ヶ月で、綺麗サッパリとオサラバできるわけはないわけです。
2016年もデトックス・ライフが続きます・・・

*この記事は美食同源フォトスクール内コラムに書いた記事を移行。加筆修正しました。

関連記事